「自主経営(セルフマネジメント)を始める前に信頼を築く」動画(3.1-3.2)の要約

「自主経営(セルフマネジメント)を始める前に信頼を築く」動画(3.1-3.2)の要約
「ティール組織」著者、フレデリック・ラルー氏の動画シリーズを要約しています。あくまで要約であり、すべての文言を正確に表現しているわけではございませんのでご了承ください。動画の翻訳については、ラルー氏のHPより「No more permission needed :)(許可必要なし)」とありますので、もし翻訳に協力したい方がいらっしゃれば、以下の動画の「設定」⇒「字幕」⇒「字幕を追加」で追加することが出来ます。

「3.1 組織変革を始める前に信頼を築く(Building trust before you start」要約

組織変革を始める前に信頼を築く

この動画の尺は短いですが、重要な要素がたくさんあります。

よく耳にするアドバイスがあるのですが、それは「何かを始める前には、必ず目的に対して人から一定の信頼感を得る必要がある」とするアドバイスです。ある会社に新任のCEOが在任したとき、彼は初めの1年、いや2年以上、何の変革も起こさなかったのです。なぜなら、周りの人がCEOの人格を知るのにそれぐらい時間が必要だと感じたからです。彼は、周りの人からの信頼を十分に得られたとの確信を持ったときに初めて舵を切り、自主経営(セルフマネジメント)に着手しました。

「信頼を得られるまで待て」というアドバイスはとても堅実です。それには2つの理由があります。1つ目は、旧態依然とした組織では、多くの人がその組織に対して長年に渡って不信感を抱いている可能性があるからです。以前とは違うということを明確に示すには、まず信頼感を取り戻すことが不可欠なのです。  

2つ目は、「あなたが始めようとしていることが、人々が容易に理解できないような未知の物の見方やとらえ方(パラダイム)だから」です。それを理解してもらうには、あなた自身とその目的に対するそれ相当の信頼感が絶対的に必要なのです。それでは、不信感をぬぐい、人々に信頼してもらうにはどうしたらよいのでしょうか。唯一かつ有効な方法は、お店に顔をだし、人々と関わりを持ち続け、彼らの声に耳を傾けることです。自分にとって何が重要であるかを話して、人々の共感を呼ぶのです。そうやって、人々の信頼を得ていくのです。

大きな組織に属している場合、全社会議が行われるはずです。ビデオ電話を使って、あらゆる支店から参加者が集って質問をします。信頼感の一部は、近づきやすさや風通しのよさに左右されるでしょう。意見交換が容易にでき、その意見を議論できる環境です。そういった環境下での双方向のリアルなコミュニケーションが信頼関係を築くのに大切な時間なのです。信頼関係構築に時間を割けば割くほど、会議室でリーダーシップを発揮する必要がなくなり、多くのひとに権限を委任することができるようになるでしょう。

「3.2 自分の考え方とメッセージをテストする(Test your perspective and message)」要約

自分の考え方とメッセージをテストする

前回の動画では、組織の中のセルフマネジメントを精査する前に、あなたのリーダーとしての信頼度と特定の目的に対する信頼度を図る重要性についてお話しました。

信頼を構築する前に、変革を担う自分自身に対する信頼があるかどうかが問題になります。自分自身をどれだけ信用しているかを問うのは、素晴らしいことです。他の人を引き連れて向かう未知の領域に一歩踏み出す準備が自分の中でどれだけできているのか、はたまた準備できていないのかを客観的な視点で問うのです。変革を起こす動機は、不純かもしれませんし、その中でこのまま続けていくのは無理そうだなと感じることがあるかもしれませんが、それは決して悪いことではありません。ただ、その境界線を明確にしておくことが重要なのです。

あるフランスの組織は、企業のCEOのコーチング業務を行っているのですが、彼らは企業が変化を起こす前の会議に呼ばれて、CEOが新たな領域に踏み出す覚悟ができているか対話を重ねながら確認していきます。その対話の中で準備が不十分だと判断されると、Goサインは出ないのです。しかし、ある瞬間からCEOの態度や姿勢に変化がみられると、リーダーとして適正だと判断されるのです。

確かに他の人からの信頼も必要ですが、まずは自分自身が成熟し、信頼できる人間にならないといけません。そのためには何が出来るのでしょうか。まず一つ目は、より深いレベルでのコミュニケーションを可能にするコーチングを受けること。二つ目は、価値観を共有し、理解を深めること。三つ目は、過去に同じような経験を積んだ他の企業の経営陣の経験談が書かれた本を読むこと。いくつか読んで、同じ経験をもつ者が素晴らしい解決策を見出したと知ったら、自信が湧いてくるはずです。実行に移すのが簡単である上に、非常に役にたつアドバイスばかりです。100%自分を信用しろとは言いませんが、90%程度であれば、上記のアドバイスを参考に成熟させることは可能なはずです。

 

 

フレデリック・ラルーカテゴリの最新記事